【スポンサーリンク】

ケニー・アトキンソンHC ロディアン・クルークスは「タフな男」

ブルックリン・ネッツのケニー・アトキンソンHCは今季、ルーキーのロディアン・クルークスを先発に抜擢している。

クルークスもアトキンソンHCの期待に応え、チームに欠かせないプレイヤーのひとりになりつつあると言えるだろう。

アトキンソンHCもクルークスを高く評価し、さらなる成長を期待しているようだ。

アトキンソンHCはクルークスについて次のようにコメント。The New York Postが伝えている。

「彼が育ったラトビアの地域のことは知らない。ただ、タフな地域だったろうね。タフな男だ。そう見えないかもしれないし、聖歌隊少年歌手のような見かけだよね。でも、彼は誰が相手でも後ずさりしないんだ。1日目からロディ。恐れを知らないのさ」

昨年のドラフト2巡目、全体40位指名でネッツに入団したクルークス。

シーズン途中から先発起用されていることも、アトキンソンHCのクルークスへの期待がうかがえる。

ネッツがプレイオフに復帰し、躍進できれば、クルークスの株も上がることだろう。

なお、今季のクルークスは49試合に出場し、平均20.6分のプレイで9.0得点、3.8リバウンド、0.8アシスト、FG成功率47.3%、3P成功率33.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA