【スポンサーリンク】

エネス・カンター「アキーム・オラジュワンを見て育った」

ベテランフォワードのエネス・カンターは先日、ポートランド・トレイルブレイザーズと契約した。

複数のチームからオファーがあったものの、ブレイザーズとの契約を選択したカンター。

そのカンターがバスケットボールを始めることになったきっかけを語った模様。

カンターによると、バスケットボールを始める前はサッカーをプレイしていたという。カンターのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

「サッカーをプレイして育った。そして、その才能がないことが分かった。だから、スポーツを変え、バスケットボールを始めたんだ。13歳か14歳の時に、クラブチームでバスケットボールをプレイし始めた。それからずっと(バスケットボールを)プレイしてるのさ」

「アキーム・オラジュワンをいつも見て育った。彼が俺が尊敬していた男のひとりなんだ」

キャリアを通して所属したチームに忠誠心を示してきたカンター。


出場時間は減少傾向にあるが、少ないチャンスで自身の価値を証明したいところだ。

なお、ブレイザーズ移籍後のカンターは11試合に出場し、平均18.4分のプレイで10.4得点、6.9リバウンド、1.5アシスト、FG成功率54.4%、フリースロー成功率77.8%を記録。

キャリアを通してユタ・ジャズ、オクラホマシティ・サンダー、ニューヨーク・ニックス、ブレイザーズでレギュラーシーズン通算571試合に出場し、平均22.1分のプレイで11.8得点、7.6リバウンド、0.8アシスト、FG成功率53.9%、フリースロー成功率78.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA