【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン ケビン・デュラントのFA問題は「重要じゃない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのオールスターフォワードであるケビン・デュラントは、この夏にFAになる。

デュラントには他チーム移籍の噂が浮上しており、それが実現すればウォリアーズの戦力ダウンは免れないだろう。

だが、チームメイトのドレイモンド・グリーンは、デュラントの去就を気にするのではなく、ウォリアーズのスリーピートに集中しているようだ。

デュラントの去就について質問されたグリーンは次のように返答。RealGMが伝えている。

「彼は今、(スリーピートを狙うチームの)一部だ。この夏に何が起ころうと、それは起こる。彼が去るなら去る。残留するなら残留する。ただ、ここにいる間、俺たちはもうひとつのタイトル獲得を狙う。単純なことさ。その他のことは重要じゃない」

デュラントとグリーンは昨年11月に口論を繰り広げ、関係悪化が危惧されたが、グリーンによると過去は過去であり、影響はないという。

果たしてデュラントはどのような決断を下すのだろうか。

なお、今季のデュラントは66試合に出場し、平均35.4分のプレイで27.4得点、6.7リバウンド、5.6アシスト(キャリアハイ)、0.8スティール、1.1ブロックショット、FG成功率51.3%、3P成功率35.5%を記録。

キャリアを通してレギュラーシーズン通算837試合に出場し、平均37.0分のプレイで27.1得点、7.1リバウンド、4.1アシスト、1.1スティール、1.1ブロックショット、FG成功率49.2%、3P成功率38.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA