【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC ケビン・デュラントの幻のショットは「4Pプレイだった」

王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地29日にミネソタ・ティンバーウルブズと戦い、オーバータイムの末に惜敗した。

ウォリアーズは3点差を追っていたオーバータイム残り4.4秒、ケビン・デュラントがファウルをもらいながら3Pショットを成功。

だが、これはシュートモーション前のファウルとジャッジされ、幻に終わった。

その直後、ステフィン・カリーの起死回生の3Pでタイスコアとしたものの、残り0.5秒にデュラントがまさかのファウルをおかし、敗れてしまったウォリアーズ。

指揮官のスティーブ・カーは、試合後もレフェリーのジャッジに納得できなかったようだ。

カーHCはデュラントの幻の4Pプレイほかを振り返り、次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「あれは4Pプレイだ。他に言うことはない。(ボールを)キャッチし、ショットを狙い、ファウルされた。どんなリーグにおいても、グッドバスケットとフリースロー1本だ。それがNBAだ」

一方のデュラントは、ウルブズがファウルを仕掛けてくることが分かっていたため、素早くショットモーションに入ったことを明かしたうえで、レフェリーについてこう話した。

「彼(レフェリー)はコート上のベストプレイヤーだったよね。彼ら(ウルブズ)がショット前にファウルを仕掛けてくることを、彼は分かってた。彼は史上最高のレフェリーのひとりさ」

ウルブズに敗れたものの、ウォリアーズは依然としてウェスタン・カンファレンス首位をキープ。

この敗戦を糧とし、スリーピートへ向けて突き進んでいくことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA