アル・ジェファーソン 現役引退を発表

【スポンサーリンク】

2017-18シーズンを最後にNBAを離れ、今季序盤を中国リーグでプレイしたアル・ジェファーソンが、NBAプレイヤーとしての引退を決断した模様。

yahoo.comによると、ジェファーソンはNBAから引退することを正式に発表したという。

ジェファーソンは昨年7月にインディアナ・ペイサーズからウェイブを言い渡された後、中国リーグのチームと契約。

だが、11月に中国を離れ、アメリカに帰国していた。

なお、NBAで今後プレイすることはないものの、今年夏はBIG3リーグでプレイする予定だ。

ジェファーソンはNBAキャリア14年を通してボストン・セルティックス、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ユタ・ジャズ、シャーロット・ホーネッツ、ペイサーズでレギュラーシーズン通算915試合に出場し、平均28.7分のプレイで15.7得点、8.4リバウンド、1.5アシスト、1.2ブロックショット、FG成功率49.9%、フリースロー成功率71.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA