【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー 3P改善の秘訣はコンタクトレンズ着用?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは9試合連続で5本以上決めるなど、好調を維持している。

オールスターブレイク後に一時的な不振に見舞われたものの、ここ9試合では3P成功率51.4%を記録しているというカリー。

この華麗な復活は、視力が影響しているのかもしれない。

カリーによると、コンタクトレンズを着用してから改善したという。カリーのコメントをRealGMが伝えている。

「コンタクトを着け始めたんだ。まじめに言ってる。新しい目を手に入れたような感じさ。世界が開放されたような気分だ」

カリーは円錐角膜を患っており、乱視やかすみ目になることがあるという。

コンタクトレンズを着用し、驚異的なペースで3Pを量産しているカリー。

プレイオフでもチームを勝利に導くパフォーマンスを続けてくれそうだ。

なお、今季のカリーは65試合に出場し、平均34.3分のプレイで27.7得点、5.3リバウンド、5.3アシスト(キャリアワーストタイ)、1.4スティール(キャリアワースト)、FG成功率47.2%、3P成功率43.8%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算690試合に出場し、平均34.4分のプレイで23.5得点、4.5リバウンド、6.6アシスト、1.7スティール、FG成功率47.7%、3P成功率43.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA