ジョシュ・リチャードソン 股関節負傷で2週間離脱か?

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートの先発ガードであるジョシュ・リチャードソンが、レギュラーシーズン残りのゲームを全休する可能性が浮上した模様。

ESPNによると、リチャードソンは痛めている股関節のMRI検査を受け、損傷は見当たらなかったものの、2周間程度離脱する可能性があるという。

ヒートは現在、38勝40敗でイースタン・カンファレンス9位。

同6位デトロイト・ピストンズからヒートまでわずか1ゲーム差であり、プレイオフ進出レースは最後までもつれることになるだろう。

そのような中、リチャードソンの離脱はヒートにとって大きな痛手となりそうだ。

なお、今季のリチャードソンは73試合に出場し、平均34.8分のプレイで16.6得点(キャリアハイ)、3.6リバウンド(キャリアハイ)、4.1アシスト(キャリアハイ)、1.1スティール、FG成功率41.2%、3P成功率35.7%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算259試合に出場し、平均30.7分のプレイで12.1得点、3.2リバウンド、2.9アシスト、1.1スティール、FG成功率42.5%、3P成功率36.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    リチャードソンは先発ガードじゃなくて先発フォワード

*

CAPTCHA