【スポンサーリンク】

ドノバン・ミッチェル ディフェンシブ・オブ・ザ・イヤーは「ルディ・ゴベールが受賞すべき」

ユタ・ジャズは先日、センターのルディ・ゴベールが2年連続でディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞するよう、キャンペーンを開催すると発表した。

オクラホマシティ・サンダーのポール・ジョージやミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポなどが有力候補に挙がっているが、キャリア2年目のドノバン・ミッチェルは当然、チームメイトのゴベール推しのようだ。

ミッチェルはゴベールについて次のようにコメント。sltrib.comが伝えている。

「それ(キャンペーン)をする必要はない。いずれにせよ、彼が受賞するからね」

「ルディ、明らかにそれ(ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー)に値する。今季も彼がディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞すべき。俺は確信してる。その賞は彼が受賞するだろう」

リム周辺の守護神として活躍し、今季もジャズのプレイオフ進出に貢献したゴベール。

果たして2年連続で受賞し、キャリアに華を添えることはできるだろうか。

なお、今季のゴベールは80試合に出場し、平均31.8分のプレイで15.8得点(キャリアハイ)、12.9リバウンド(キャリアハイ)、2.0アシスト(キャリアハイ)、2.3ブロックショット、FG成功率67.0%(キャリアハイ)、フリースロー成功率63.5%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算405試合に出場し、平均28.7分のプレイで11.1得点、10.5リバウンド、1.3アシスト、2.2ブロックショット、FG成功率62.9%、フリースロー成功率63.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA