【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス ルーク・ウォルトンHCは「できる限りのことをやってる」

ロサンゼルス・レイカーズは今季終了後、ヘッドコーチのルーク・ウォルトンを解雇すると見られている。

レブロン・ジェイムスもヘッドコーチの交代を希望していると噂されるが、ウォルトンHCが難しい采配を余儀なくされたことをジェイムスは理解しているようだ。

ジェイムスはウォルトンHCとレイカーズについて次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「できる限りのことをやってる。(ホーム)開幕の夜に(ラジョン・ロンドとブランドン・イングラムが)出場停止処分を受けるとは誰も思ってなかった。これほど負傷者が出るとは誰も思ってなかった。先発ポイントガードが多くのゲームを欠場する。先発スモールフォワードが離脱する。先発2ガードのBI(イングラム)が離脱する。ジョシュ(・ハート)が怪我する。ロンドが怪我する。2、3試合のことを言ってるんじゃない」

「BI、ゾー(ロンゾ・ボール)、クーズ(カイル・クーズマ)と一緒にプレイできたのは、たったの23試合。15勝8敗だ。ディフェンシブレーティングでNBA4位、オフェンシブレーティングでNBA7位あたりの時があった。シーズンを通して安定したロスターがなく、ルークにとって安定した基盤を把握するのに十分な時間がなかった。コントロールできることだけコントロールできる。今いるプレイヤーでプレイしなきゃいけない。彼(ウォルトン)はできる限りのことをやってると俺は思うよ」

ここ最近のレイカーズはキャリア1年目、2年目の若手を主に起用し、成長を促している。

プレイオフ進出を争っている時と比べると、チーム全体にポジティブな雰囲気を感じるようになり、ウォルトンHCにも笑顔が見られるようになった。

今季の結果を受け、マジック・ジョンソンは果たしてどのような決断を下すのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA