【スポンサーリンク】

マジック・ジョンソン 現職を辞任

ロサンゼルス・レイカーズのバスケットボール・オペレーション部門代表を務めていたマジック・ジョンソンが、同職を離れることになったようだ。

ESPNによると、ジョンソンはバスケットボール・オペレーション部門代表を辞任することを発表したという。

ジョンソンは現地9日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦の前に辞任を発表。

残留するよう説得されるのを避けるため、コントロールオーナーのジーニー・バスとゼネラルマネージャーのロブ・ペリンカには相談せずに辞任を決めたとしている。

バスは先日、バスケットボールに関する決定はジョンソンに一任すると語っていたため、レイカーズは今季終了後にルーク・ウォルトンHCを解雇すると見られていた。

だが、ジョンソンが辞任したことにより、ウォルトンHC続投の可能性も浮上してきたようだ。

なお、ジョンソンは今回の辞任とウォルトンHCの去就は関係ないとしている。

ジョンソンが辞任したことにより、この夏のレイカーズは抜本的な改革が断行されることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA