【スポンサーリンク】

ドウェイン・ケーシーHC ブレイク・グリフィンの復帰は「まだ分からない」

デトロイト・ピストンズは現地10日、ニューヨーク・ニックスに勝利し、2015-16シーズン以来となるプレイオフ進出を決めた。

ピストンズのプレイオフ進出は2015-16シーズン以来初。

初戦は首位ミルウォーキー・バックスと対戦するため、万全のロスターで臨みたいところだが、膝の痛みでニックス戦を欠場したブレイク・グリフィンは、ファーストラウンド初戦を欠場する可能性があるようだ。

ピストンズを指揮するドウェイン・ケーシーHCによると、グリフィンがファーストラウンド第1戦に出場できるかはまだ分からないという。ケーシーHCのコメントをESPNが伝えている。

「(グリフィンが)第1戦に出場できるかは分からない。数日のオフが助けになると思ってる。どうなるか見てみるよ」

イースト首位バックスとの対戦となると、グリフィンの存在は不可欠だろう。

オフ中に完全回復し、万全の状態でバックスと戦えることを祈りたい。

なお、今季のグリフィンは75試合に出場し、平均35.0分のプレイで24.5得点(キャリアハイ)、7.5リバウンド、5.4アシスト、FG成功率46.2%、3P成功率36.2%を記録。

キャリア9年を通してロサンゼルス・クリッパーズとピストンズでレギュラーシーズン通算604試合に出場し、平均35.0分のプレイで21.9得点、9.0リバウンド、4.5アシスト、FG成功率50.2%、3P成功率34.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA