ジェフ・ティーグ 1900万ドルのプレイヤーオプション行使

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズの先発ポイントガードであるジェフ・ティーグが、2019-20シーズンのプレイヤーオプションを行使した模様。

The Athleticの記者によると、ティーグは来季の1900万ドルのプレイヤーオプションを行使し、ウルブズ残留を決断したという。

今季のティーグは怪我に苦しみ、難しい時間を余儀なくされた。

来季は大きな怪我なく過ごし、ウルブズのプレイオフ復帰に貢献してもらいたいところだ。

なお、今季のティーグは42試合に出場し、平均30.1分のプレイで12.1得点、2.5リバウンド、8.2アシスト(キャリアハイ)、1.0スティール、FG成功率42.3%、3P成功率33.3%を記録。

キャリア10年を通してアトランタ・ホークス、インディアナ・ペイサーズ、ウルブズでレギュラーシーズン通算712試合に出場し、平均27.7分のプレイで12.7得点、2.5リバウンド、5.8アシスト、1.2スティール、FG成功率44.5%、3P成功率35.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA