【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトン キングスのヘッドコーチ就任へ

ロサンゼルス・レイカーズを離れることになったルーク・ウォルトンだが、レイカーズをプレイオフに導けなかったとはいえ、需要はまだまだあるようだ。

ESPNによると、キングスと面談したウォルトンはヘッドコーチになることに合意したという。

若手中心に再建中のキングスは先日、デイビッド・イエーガーHCを解雇。

新ヘッドコーチ候補にはウォルトンやサンアントニオ・スパーズのエットーレ・メッシーナACなどが挙がっていたが、ウォルトンが他のチームと面談する前に合意に至った形だ。

キングスには有望若手株が多く、今季はプレイオフ進出にあと一歩まで迫った。

同じく若手が多いレイカーズを指揮してきたウォルトンは、より再建が進んでいるキングスに魅力を感じたのかもしれない。

なお、キングスの他にもウォルトン獲得を狙うチームは複数あると噂されていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA