ニコラ・ヨキッチ ジャマール・マレーのミスショットに「問題ない」

【スポンサーリンク】

デンバー・ナゲッツのジャマール・マレーはサンアントニオ・スパーズとのプレイオフファーストラウンド第1戦の最終盤、決めれば逆転となるオープンショットをミスした。

その後ターンオーバーを犯し、落ち込んでいたマレー。

だが、チームメイトのニコラ・ヨキッチは何の問題もないと感じているようだ。

ヨキッチはマレーのミスショットについて次のようにコメント。Denver Postが伝えている。

「彼はワイドオープンだった。あれは我々にとって素晴らしいショットだったと思う。彼は決めることができなかった。ただ、少なくとも彼はワイドオープンだったんだ。俺たちはグッド。受け入れるよ」

マレーにとって初めてのプレイオフゲームとなったわけだが、この経験は今後に活かされることだろう。

また、同じく初めてのプレイオフゲームとなったヨキッチにも、引き続きナゲッツを牽引するパフォーマンスを期待したい。

なお、ヨキッチは第1戦で10得点、14リバウンド、14アシスト、1スティールを記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA