Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エネス・カンター ニックス時代は「イライラした」

【PR】

シーズン途中にニューヨーク・ニックスからポートランド・トレイルブレイザーズに移籍したエネス・カンターは、古巣オクラホマシティ・サンダーとのプレイオフファーストラウンド第1戦でチームを勝利に導くパフォーマンスを見せた。

ニックスでは若手に出場機会を奪われたカンターだったが、ブレイザーズではその鬱憤を晴らすかのようなプレイを披露。

カンターもブレイザーズの一員としてプレイオフを戦えていることを喜んでいるようだ。カンターのコメントをkgw.comが伝えている。

「俺はリーグのワーストチームにいた。プレイすることすらなかった。なぜなら、彼ら(ニックス)は俺のことを年寄りだと思ってたからね。イライラしたよ。コートに出たかったし、勝ちたかったから。数日前、鏡を見て『幸せだ』と自分に語りかけたんだ。素晴らしい感じさ」

過去2年のブレイザーズはプレイオフに進出したものの、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズにスウィープされ、ファーストラウンドで姿を消した。

今年こそファーストラウンドを突破したいところだが、カンターには古巣相手にベストパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】