マイケル・ジョーダン ケンバ・ウォーカーとの再契約を強く希望?

【スポンサーリンク】

シャーロット・ホーネッツのオールスターガードであるケンバ・ウォーカーは、この夏にFAになる。

ウォーカーには複数のチームが興味を持っており、ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスという有望若手株を擁するダラス・マーベリックスが特に強い興味を持っているという。

3年連続でプレイオフ進出を逃したホーネッツには、ウォーカーを放出し、新たなチームに生まれ変わるという手段もあるが、オーナーのマイケル・ジョーダンがそれを許さないかもしれない。

clutchpoints.comによると、ジョーダンはウォーカーをプレイヤーとしてだけでなく、人間としても愛しているという。

ホーネッツがウォーカーとの再契約を希望しているのであれば、あとはウォーカーの決断に委ねることになる。

果たしてウォーカーはどのような決断を下すのだろうか。

なお、今季のウォーカーは82試合に出場し、平均34.9分のプレイで25.6得点(キャリアハイ)、4.4リバウンド、5.9アシスト、1.2スティール、FG成功率43.4%、3P成功率35.6%を記録。

キャリア8年ではレギュラーシーズン通算605試合に出場し、平均34.1分のプレイで19.8得点、3.8リバウンド、5.5アシスト、1.3スティール、FG成功率41.8%、3P成功率35.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA