ロブ・ペリンカGM ラリー・ナンスJrに家購入を勧めていた?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズは2018年2月、ラリー・ナンスJrとジョーダン・クラークソンをトレードで放出した。

翌夏のFA市場でビッグネームを獲得するにあたり、サラリーキャップに余裕をもたせるためだ。

だが、ナンスJrはまさか自身がトレードされるとは思っていなかったのかもしれない。

uproxx.comによると、ナンスJrと彼のフィアンセは家の購入を検討していたが、トレードのリスクを危惧していたところ、ゼネラルマネージャーのロブ・ペリンカから家を購入するよう勧められたという。

ナンスJrはペリンカGMから「ゲームのベストプレイヤーを獲得する時のみトレードする」と言われたというが、キャブスはアイザイア・トーマスとチャニング・フライ、2018年のドラフト1巡目指名権を獲得するため、ナンスJrとクラークソンをトレード。

ナンスJrにとっては地元への凱旋トレードともなったが、ビジネスと口約束の恐ろしさを身をもって知ったことだろう。


【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA