パトリック・ビバリー ケビン・デュラントに「不満はない」

【スポンサーリンク】

ウェスタン・カンファレンス8位でプレイオフに進出したロサンゼルス・クリッパーズは、王者ゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレイオフファーストラウンド第3戦、一時は30点差以上のビハインドを強いられたものの、歴史的な大逆転勝利を収めた。

オフェンスの中心となっているのは、今季のシックスマン・オブ・ザ・イヤー候補のルー・ウィリアムスとMIP候補のモントレズ・ハレルだろう。

だが、スーパースターのケビン・デュラントにマッチアップし、ハードなディフェンスを見せているパトリック・ビバリーの働きも見過ごせない。

デュラントにフィジカル勝負を仕掛け、熱いバトルを繰り広げているビバリー。

デュラントとトラッシュトークを仕掛けあうシーンも見られるが、ビバリーはあくまでコート上のことであり、デュラントに対して悪い感情は抱いていないようだ。

デュラントに対して不満を持っているかという質問に対し、ビバリーは次のように返答。tmz.comが伝えている。

「(デュラントに対する不満は)まったくないね。俺は誰に対しても不満を持ってない。すべては楽しみだ。戦ってる2つの良いチーム、2人の良いプレイヤーさ」

シリーズ第3戦はクリッパーズのホームゲーム。

ファンはビバリーに大きな声援を送り、デュラントにブーイングを浴びせることだろう。

第3戦でも熱いバトルを繰り広げ、シリーズを盛り上げてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA