【スポンサーリンク】

カイル・ラウリー 第2戦は「すべてのカバーに集中した」

イースタンカンファレンス2位でプレイオフに進出したトロント・ラプターズは、オーランド・マジックとのファーストラウンド第1戦を落とし、黒星発進を強いられた。

だが、第2戦では見違えるようなディフェンスを見せ、マジックのピック&ロールをシャットアウト。

ポイントガードのカイル・ラウリーもチームディフェンスに手応えを感じたようだ。

ラウリーは第2戦でのディフェンスについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「すべてのカバー、俺たちがやりたいことすべてにより集中した。同じページに立ち、コミュニケーションをとることにより集中した。互いに助け合うことを確認し、もし誰かがヘルプに行ったら、誰かがヘルプのヘルプに行く、ヘルプのヘルプのヘルプに行ったんだ」

ディフェンスでマジックを圧倒し、第1戦のリベンジを果たしたラプターズ。

マジックのホームで行われる第3戦もタイトなディフェンスで攻め立てることだろう。

一方、マジックがどのような対策を立て、勝負に臨んでくるかにも注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA