【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント 第3戦は「今季初めての俺のバスケが取り上げられた」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントは、ロサンゼルス・クリッパーズとのプレイオフファーストラウンド第3戦で38得点を記録し、チームを勝利に導いた。

ここ最近はデュラントの去就にばかり注目が集まっていたものの、デュラントのパフォーマンスに再び注目が集まった形だ。

デュラントもこれを喜んでいるのかもしれない。

デュラントは第3戦を振り返り、次のようにコメント。Yahoo! Sportsが伝えている。

「未来にやることじゃなく、俺のバスケットボールのプレイがヘッドラインになったのは、これが今季初めてだった。そのことを考えてくれ。長い間、こういうことがなかった。こうあるべきだ」

「ゲームがすべて。まだ起きていないことじゃなくてね。バスケットボールを楽しもう。ゲームについての批判なら受け入れることができる。金をもらってるからね。それにこそ注目が集まるべき。良いことだ」

この夏にFAになるデュラントには、ウォリアーズを離れるという噂が出ている。

ニューヨーク・ニックスなど複数のチームがデュラント獲得を狙うと噂されているが、去就ではなくバスケットボールに話題が集中している環境に、デュラントも喜んでいることだろう。

話題の焦点がバスケットボールにあり続けるためにも、デュラントにはこれからもチームを導くパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA