【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ ダミアン・リラードの決勝点は「バッドショットだった」

オクラホマシティ・サンダー対ポートランド・トレイルブレイザーズのプレイオフファーストラウンドは、ダミアン・リラードの劇的3Pショットにより、ブレイザーズが制した。

タイスコアだった第5戦最終盤、ポール・ジョージにマッチアップされたダミアン・リラードは、リムに視線を移し、ステップバックで37フィートの距離から3Pショットを放つと、見事成功。

リラードが放ったボールがネットを通過すると同時に試合終了のブザーが鳴り響き、ホームのブレイザーズが劇的勝利を飾った。

一般的にはドライブで攻め込み、ドライブを仕掛けてよりイージーなショットを狙う、もしくはファウルをもらいにいく、もしくはオープンになったチームメイトにパスを出すケースが多いものの、リラードは3Pを選択。

それゆえ、マッチアップしていたジョージは不意を突かれてしまったのかもしれない。

ジョージはリラードの決勝ショットを振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「あれはバッド、バッドショットだった。誰が何と言おうと、俺は気にしない。あれはバッドショットだった。だけど彼は決めたんだ。だから、バッドショットだったというストーリーにはならないだろうね」

サンダーがファーストラウンドで敗退するのは3年連続。

この夏にロスターの調整に動くと予想されるが、MVPクラスのパフォーマンスを続けたジョージには来季の活躍も期待し、サンダーをさらなる高みに連れて行ってもらいたい。

なお、今季のジョージはレギュラーシーズン77試合に出場し、平均36.9分のプレイで28.0得点(キャリアハイ)、8.2リバウンド(キャリアハイ)、4.1アシスト(キャリアハイタイ)、2.2スティール(キャリアハイ)、FG成功率43.8%、3P成功率38.6%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均40.8分のプレイで28.6得点、8.6リバウンド、3.6アシスト、1.4スティール、FG成功率43.6%、3P成功率31.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA