【スポンサーリンク】

レイカーズ トレードではなくFA市場でビッグネーム獲得?

プレイオフ復帰を逃したロサンゼルス・レイカーズは、この夏にロスター改革を断行すると予想されている。

若手やドラフト指名権をトレード材料とし、アンソニー・デイビスなどスーパースターの獲得を狙うと噂されているが、トレードによる補強は考えていないのかもしれない。

silverscreenandroll.comによると、レイカーズはトレードによる補強ではなく、FA市場での補強を計画していることをヘッドコーチ面接で伝えているという。

レイカーズはこの夏にFAになるケビン・デュラント・カイリー・アービング、クレイ・トンプソン、カワイ・レナード、ジミー・バトラー、ケンバ・ウォーカーのうち、少なくともひとりは獲得できると信じていると報じられている。

レブロン・ジェイムスなど経験と実績豊富なベテランプレイヤーたちを加えたものの、うまく機能しなかったレイカーズ。

来季へ向け、どのような決断を下すのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA