【スポンサーリンク】

アル・ホーフォード「ヤニス・アンテトクンポの危険性を全員が理解してる」

ボストン・セルティックスはカンファレンスセミファイナル第1戦で、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポをFG21本中わずか7本に封じるディフェンスを見せた。

アンテトクンポには主にアル・ホーフォードがマッチアップし、アンテトクンポの危険なドライブを封じ込んだセルティックス。

重要な働きをしたホーフォードも、アンテトクンポに対するチームディフェンスに手応えを感じたのかもしれない。

ホーフォードはアンテトクンポ対策について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「チームによるものだと思う。どうやってディフェンスしなきゃいけないのか、どれほど彼が危険なのかを俺たち全員が理解してる。ブレイクダウンされることもあったけど、ほとんどのケースにおいて、みんなよく見てたと思う。俺たちのガード陣はヘルプに来て、レーンを塞ぐという良い仕事をしてくれたんだ」

セルティックスとバックスのシリーズ第1戦を観戦したポール・ピアースは先日、「シリーズは終わった」とし、セルティックスの完全勝利を予言した。

とはいえ、アンテトクンポが黙っているはずもないだろう。

アンテトクンポ率いるバックスには第2戦での巻き返しを期待したいところ。

また、セルティックスの次なる対策にも注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA