アンソニー・デイビスのトレード獲得レースフロントランナーはニックス?

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスが今でもトレードを希望していると報じられたことにより、デイビスのトレードに関するさまざまな噂や憶測が多く浮上している。

先日はボストン・セルティックスがデイビスのトレードに動くと報じられたが、デイビスのトレード先最有力候補はニューヨーク・ニックスなのかもしれない。

inquisitr.comによると、デイビスのトレード獲得レースフロントランナーはニックスであり、ニックスはケビン・ノックス、デニス・スミスJr、ミッチェル・ロビンソン、2019年のドラフト3位指名権、ダラス・マーベリックス由来のドラフト2巡目指名権1つもしくは2つをトレード要員として準備する可能性があるという。

今後の焦点は、ペリカンズがデイビスを残留させるのか、それともドラフト1位指名権で獲得するであろうザイオン・ウィリアムソンを中心として再建していくのかに集まるだろう。

ウィリアムソンを中心に再建していく道を選ぶのであれば、ニックスのオファーに魅力を感じるかもしれない。

一方、ニックスはカイリー・アービングとケビン・デュラント獲得も狙っており、アービングとデュラント、そしてデイビス獲得に成功すれば、一気に強豪チームとして復活を遂げることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA