【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン&クリス・ポール ロッカールームで口論?

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのカンファレンスセミファイナルを終えた後、ヒューストン・ロケッツのプレイヤーたちはフラストレーションを相当感じていたのかもしれない。

中でもチームの中心であるジェイムス・ハーデンとクリス・ポールは、ボールポゼッションに不満を感じていたようだ。

RealGMによると、カンファレンスセミファイナル終了後、ハーデンとポールはボールポゼッションの問題について口論を繰り広げ、ロッカールームには緊張が走っていたという。

ロケッツを指揮するマイク・ダントーニHCは、シーズンを通してハーデンのより多くボールを持たせ、アイソレーションオフェンスを展開。

だが、ポールはこのオフェンスに問題を感じ、もっと動きを交えるべきと、ダントーニHCにシーズンを通して指摘したとされている。

今季はタイトル獲得も期待されていたロケッツ。

この夏はロスターの調整に動くであろうが、ハーデンのアイソレーションオフェンスを推し進めていくのか、それともよりボールムーブメントに重きを置くオフェンスに切り替えるのか、ダントーニHCの手腕に注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA