ニック・ナースHC カワイ・レナードの足について「心配してない」

【スポンサーリンク】

トロント・ラプターズのカワイ・レナードは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナル第1戦で足を引きずるような様子を見せた。

痛みに耐えながらプレイしているようにも見えるレナード。

だが、ラプターズを指揮するニック・ナースHCはレナードの健康状態を心配していないようだ。

ナースHCはレナードについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「カワイの足の問題については心配してない。足のトラブルは大きな問題とは思ってない。明日、彼はもっと良いプレイをしてくれると思うよ」



レナードはこれまでも足に問題を抱えた経緯があるため、ナースHCがレナードを酷使しているのではという議論もある。

ラプターズ側はその議論が大げさであると感じているのかもしれないが、大きな問題に発展しないことを願いたい。

なお、レナードはファイナル第1戦で43分3秒プレイし、23得点、8リバウンド、5アシスト、1スティール、FG成功率35.7%、3P成功率50.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA