【スポンサーリンク】

パトリック・パターソン ステフィン・カリーのセレブレーションに不快感?

トロント・ラプターズとのファイナル第1戦を落とした王者ゴールデンステイト・ウォリアーズだったが、第2戦を制し、シリーズを1勝1敗のタイに戻した。

第4Q中にクイン・クックの3Pで二桁リードを取り戻したウォリアーズは、その後追い上げられたものの、試合最終盤にアンドレ・イグダーラの3Pで勝利。

だが、クックが3Pを決めた際のステフィン・カリーのセレブレーションに不快感を覚えた者もいたようだ。

larrybrownsports.comによると、カリーのコートまで足を踏み入れたセレブレーションを受け、元ラプターズであり、現在オクラホマシティ・サンダーに所属しているパトリック・パターソンが不満を漏らしたという。

ラプターズにはかつて共に戦った仲間たちがいるということもあり、パターソンはカリーのセレブレーションを不快に感じた可能性がある。

一方、カリーがドレイクの目の前まで走り、セレブレーションをしたのは、ドレイクが第1戦でカリーの父デル・カリーのTシャツ着ていたことも手伝っていたのかもしれない。

パターソンは全力で古巣ラプターズとドレイクを応援していることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA