【スポンサーリンク】

エクペ・ウドー ヨーロッパ帰還を検討か?

ユタ・ジャズのベテランセンター、エクペ・ウドーは、この夏に完全FAになる。

今季は出場時間が激減し、満足できる結果を残せなかったウドー。

それゆえ、十分な出場機会が見込めるヨーロッパのチームに復帰することを検討しているようだ。

The Deseret Newsによると、ウドーにはイタリアやトルコのチームからすでにオファーが届いており、近日中に契約が合意に至る可能性があるという。

ウドーは過去、トルコのチームで2年間プレイした経験を持ち、2017年にはユーロリーグのタイトル獲得に導いた実績を持つ。

NBAチームと契約したとしても十分な出場機会を得られない可能性があるため、ヨーロッパへ移籍し、キャリアを前に進めたいところだろう。

十分な役割を与えてもらえるのであればNBA残留も検討するとしているウドーだが、現時点ではヨーロッパ復帰の可能性が高いと言えそうだ。

なお、今季のウドーはレギュラーシーズン51試合に出場し、平均6.3分のプレイで2.3得点、1.8リバウンド、0.5アシスト、0.6ブロックショット、FG成功率69.4%(キャリアハイ)、フリースロー成功率63.3%(キャリアワースト)を記録。

NBAキャリア7年を通してゴールデンステイト・ウォリアーズ、ミルウォーキー・バックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ジャズでレギュラーシーズン通算384試合に出場し、平均14.8分のプレイで3.5得点、2.9リバウンド、0.7アシスト、1.1ブロックショット、FG成功率45.3%、フリースロー成功率71.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA