【スポンサーリンク】

ウォリアーズのマイノリティオーナーに出禁処分

ゴールデンステイト・ウォリアーズのマイノリティオーナーであるマーク・スティーブンスは昨日、ルーズボールで飛び込んできたカイル・ラウリーを左手で強く押し出した。

この件が大きな問題となっていたが、NBAはスティーブンスに対して重い処分を下したようだ。

ESPNによると、リーグはスティーブンスに対し、1年間の出禁処分、および50万ドルの罰金処分を科したという。

スティーブンスはウォリアーズのゲームだけでなく、すべてのNBAゲームを現場で観戦できなくなる。

ラウリーは第3戦終了後、スティーブンスについて「俺たちのリーグの一部から外れるべき」と厳しく指摘。

また、ウォリアーズの指揮官であるスティーブ・カーHCは、ラウリーとラプターズに個人的に謝罪したことを明かした。

今年のファイナルはウォリアーズにとってスリーピートをかけた重要なシリーズ。

このような問題で水を差すのは避けてもらいたいものだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA