【スポンサーリンク】

レイカーズ ケンバ・ウォーカー獲得計画は続行?

ロサンゼルス・レイカーズはアンソニー・デイビスのトレード獲得を求め、ニューオーリンズ・ペリカンズにロンゾ・ボールとブランドン・イングラム、今年のドラフト4位指名権をオファーしたと報じられた。

ボールをトレード要員に加えるということは、この夏にポイントガードの獲得が必至となることを意味するだろう。

そのため、以前から囁かれているオールスターガード獲得計画を引き続き続行するようだ。

heavy.comによると、レイカーズはFAになるシャーロット・ホーネッツのオールスターポイントガード、ケンバ・ウォーカーの獲得を引き続き狙うという。

レイカーズはカイリー・アービングの獲得を狙っているが、アービングの移籍先最有力候補はブルックリン・ネッツとニューヨーク・ニックス。

そのため、ウォーカー獲得計画も残しておきたいところだろう。

とはいえ、ホーネッツがウォーカーにスーパーマックス契約をオファーできるのに対し、レイカーズはそれ以上のオファーを出すことができない。

あとはウォーカーの決断に任せることとなるであろうが、レイカーズがデイビスのトレード獲得に成功すれば、ウォーカーがレイカーズ移籍に興味を持つ可能性は充分ある。

ウォーカーは先日、ホーネッツ残留の希望を口にしたが、他チームの状況を鑑みながら去就を決断することになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA