【スポンサーリンク】

トバイアス・ハリス ネッツと相思相愛?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのトバイアス・ハリスは、間もなくFAになる。

この夏にはケビン・デュラントやカイリー・アービングなど多くのスタープレイヤーがFAになり、彼らと比較するとハリスの注目度は低いが、キャリアベストのシーズンを送ったハリスに興味を持っているチームは多いだろう。

ブルックリン・ネッツもそのひとつなのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ネッツはハリス獲得に関心を持っており、またハリスもネッツでのプレイに関心を持っているという。

ハリスはシーズン中のトレードでロサンゼルス・クリッパーズからシクサーズへ移籍。

シクサーズで先発フォワードとして活躍し、チームのカンファレンスセミファイナル進出に貢献した。

一方、ネッツはこの夏にアービング、ケビン・デュラント、アンソニー・デイビスのj獲得を狙っており、さらにオールスターガードのディアンジェロ・ラッセルがFAになる。

まずは彼らの去就を最優先するであろうが、サラリーキャップの問題に悩まされることになりそうだ。

なお、今季のハリスはクリッパーズとシクサーズでレギュラーシーズン合計82試合に出場し、平均34.7分のプレイで20.0得点(キャリアハイ)、7.9リバウンド(キャリアハイ)、2.8アシスト(キャリアハイ)、FG成功率48.7%(キャリアハイ)、3P成功率39.7%を記録。

キャリア8年を通してミルウォーキー・バックス、オーランド・マジック、デトロイト・ピストンズ、クリッパーズ、シクサーズでレギュラーシーズン通算546試合に出場し、平均30.4分のプレイで15.4得点、6.0リバウンド、1.9アシスト、FG成功率47.1%、3P成功率36.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA