【スポンサーリンク】

パトリック・ビバリー ロケッツ復帰を受け入れる?

間もなくFAになるロサンゼルス・クリッパーズのパトリック・ビバリーは今から数カ月前、古巣ヒューストン・ロケッツに対して良い感情を持っていないことを明かした。

ロケッツは2017年夏、ビバリーやルー・ウィリアムスらをトレードで放出し、クリス・ポールを獲得。

ビバリーはこのトレード以来、ロケッツに対して激しい感情を持ってプレイしていた。

だが、それはすでに過去のことであり、ロケッツ復帰も受け入れるかもしれない。

ロケッツ復帰の可能性について質問されたビバリーは、次のように返答したという。larrybrownsports.comが伝えている。

「俺はフリーエージェント。どんなことでも起こる得る。このリーグでは何が起こるか分からない」

ロケッツはロスターを再編成する見込みであるが、ポールはロケッツを離れたがっていると噂されている。

もしポールがトレードを要求すれば、ロケッツはポイントガードの補強に動くだろう。

その場合、ディフェンスに定評あるビバリー獲得を狙う可能性も否定できない。

現時点でビバリーはクリッパーズと再契約する可能性が高いと見られるが、ビバリーは各チームからのオファーを待ち、最善の決断を下すであろう。

なお、今季のビバリーはレギュラーシーズン78試合に出場し、平均27.4分のプレイで7.6得点、5.0リバウンド、3.8アシスト、0.9スティール、FG成功率40.7%、3P成功率39.7%を記録。

キャリア7年を通してロケッツとクリッパーズでレギュラーシーズン通算380試合に出場し、平均28.3分のプレイで9.0得点、4.3リバウンド、3.5アシスト、1.2スティール、FG成功率41.2%、3P成功率38.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA