【スポンサーリンク】

クリス・ポール ジェイムス・ハーデンとの関係悪化報道を否定?

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンとクリス・ポールの間には亀裂が走っていると噂されている。

カンファレンスセミファイナルでゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れた後、両者の意見の食い違いが明らかになり、関係が悪化したと報じられた。

その後、ハーデンとポールの関係は修復が不可能なレベルに来ていると報じら、ポールはロケッツにトレードを要求したとされる。

だが、これらはすべて噂レベルなのかもしれない。

uproxx.comによると、Bleacher Reportがインスタグラム上でハーデンとポールの関係悪化、およびポールのトレード要求を報じた後、ポールはその投稿に否定のコメントを寄せたという。

ロケッツのダリル・モレーGMはポールのトレードを否定しているものの、可能性はゼロではないだろう。

とはいえ、ポールの巨額契約と34歳という年齢、そして怪我が多いという点が懸念点となりそうだ。

一方、シーズンを終えて以降、ポールとハーデンは口を聞いていないと噂されているが、事態収束のためにハーデンの意見にも注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA