【スポンサーリンク】

カワイ・レナード チームメイトにラプターズ残留を約束?

サンアントニオ・スパーズに所属していた2017-18シーズン、カワイ・レナードはロサンゼルスのチームへの移籍を希望していた。

だが、スパーズはレナードをトロント・ラプターズへトレード。

そのため、レナードはFAになるこの夏にロサンゼルス・クリッパーズもしくはロサンゼルス・レイカーズへ移籍すると噂されていた。

だが、ラプターズでの素晴らしい1年は、レナードの考えを変えるのに十分だったのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レナードはチームメイトたちとの祝勝会の際に「もう一度勝とう」、「俺はどこにも行かないよ」と漏らしたという。

酔った勢いもあるであろうが、チームメイトたちはレナードの言葉に勇気をもらったことだろう。

とはいえ、FA市場では何が起こるか分からない。

現時点ではラプターズ残留の可能性が高いと思われるが、ロサンゼルス・クリッパーズやロサンゼルス・レイカーズなどレナード獲得を狙うチームからのオファーにも注目が集まるところだ。

なお、今季のレナードはレギュラーシーズン60試合に出場し、平均34.0分のプレイで26.6得点(キャリアハイ)、7.3リバウンド(キャリアハイ)、3.3アシスト、1.8スティール、FG成功率49.6%、3P成功率37.1%を記録。

キャリア8年を通してスパーズとラプターズでレギュラーシーズン通算467試合に出場し、平均30.8分のプレイで17.7得点、6.3リバウンド、2.4アシスト、1.8スティール、FG成功率49.5%、3P成功率38.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA