【スポンサーリンク】

ロケッツ クリス・ポールのトレードオファーをニックスから拒否される?

ヒューストン・ロケッツはこの夏、ベテランポイントガードのクリス・ポールをトレードで放出すると噂されている。

だが、これまで報じられているように、ポールの年齢と契約金が足を引っ張ることになるかもしれない。

RealGMによると、ロケッツは最近、キャップスペースに余裕のあるニューヨーク・ニックスにポールのトレードをオファーしたものの、ニックスはこれを拒否したという。

ロケッツはこの夏、ロスターの再編成に動くと見られている。

一部ではジミー・バトラー獲得の噂が出ているが、バトラーを獲得するにはキャップスペースを整理しなければならない。

ポールのトレードが難しいとなると、その他の主力プレイヤーたちを放出しなければならないだろう。

ポールは来季、どのチームのユニフォームを着てプレイすることになるのだろうか。

なお、2018-19シーズンのポールはレギュラーシーズン58試合に出場し、平均32.0分のプレイで15.6得点(キャリアワースト)、4.6リバウンド、8.2アシスト、2.0スティール、FG成功率41.9%(キャリアワースト)、3P成功率35.8%を記録。

キャリア14年を通してニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ロケッツでレギュラーシーズン通算950試合に出場し、平均35.1分のプレイで18.5得点、4.5リバウンド、9.7アシスト、2.2スティール、FG成功率46.9%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA