ランス・スティーブンソン ラスベガスのワークアウトに参加

【PR】

FAガードであるランス・スティーブンソンの所属先は、まだ決まっていない。

そのスティーブンソンが新たな所属先を見つけるため、ワークアウトに参加したようだ。

HoopsHypeの記者によると、スティーブンソンは現地10日、ラスベガスで開催されたワークアウトに参加し、その場にはロサンゼルス・レイカーズの指揮を執るフランク・ボーゲルHCの姿もあったという。

スティーブンソンはインディアナ・ペイサーズ時代、フランク・ボーゲルの下でプレイした経験を持つ。

レイカーズのロスターにはまだ空きがあるが、ボーゲルHCはスティーブンソンのワークアウトをどう見たのだろうか。

また、マリース・スペイツなどもワークアウトに参加したと報じられている。

なお、昨季のスティーブンソンはレギュラーシーズン68試合に出場し、平均16.5分のプレイで7.2得点、3.2リバウンド、2.1アシスト、FG成功率42.6%、3P成功率37.1%を記録。

キャリア9年を通してペイサーズ、シャーロット・ホーネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、メンフィス・グリズリーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、レイカーズでレギュラーシーズン通算508試合に出場し、平均23.4分のプレイで8.6得点、4.2リバウンド、2.9アシスト、FG成功率44.4%、3P成功率31.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】