マーカス・スマート キャンプ離脱は「予防措置」

【スポンサーリンク】

チームUSAのキャンプに招聘されたボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、左ふくらはぎの負傷でキャンプを離脱している。

来週中に再検査を受け、状態を確認すると報じられているが、スマート本人は問題ないと感じているようだ。

スマートは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

「俺は今、プレイヤーとして成長しようとしてるところだ。(離脱は)予防措置さ。昨季もしくは2年前もしくは3年前、俺は怪我をと戦いながらコートに出続けた。深刻なことは何もないと確認したいだけさ」



チームUSAのキャンプにはケンバ・ウォーカー、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタムと、セルティックスから4選手が招聘されている。

スマートとしては彼らと可能な限りともにプレイし、ケミストリーを高めたいところだろう。

なお、チームUSAは昨日の紅白戦を終えた後、ロスターを17名に絞ったが、セルティックスの4人は全員ロスター入りしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA