キャブス トリスタン・トンプソンとジョーダン・クラークソンのトレードを計画?

【スポンサーリンク】

昨年夏にレブロン・ジェイムスを失ったクリーブランド・キャバリアーズは、再建期への突入を余儀なくされた。

今後は若手を中心として再建を進めていくと予想されるが、主力のうち2人は再建プランに含まれていないのかもしれない。

cavaliersnation.comによると、キャブスはこの夏、センターのトリスタン・トンプソン、およびガードのジョーダン・クラークソンのトレードを検討していたという。



トンプソンとクラークソンのうちどちらかをトレードで放出するという案も出ていたようだが、トレードの計画がある時点でキャブスの再建プラン外であると言えるだろう。

オフシーズン中にトレードが成立することはなさそうなものの、来年2月の期限までに何かしらの動きがあってもおかしくない。

ケビン・ラブにもトレードの噂が出ているが、キャブスはどのような再建プランを描いているのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA