ハシーム・サビート バックスのワークアウトに参加へ

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーでプレイした2013-14シーズンを最後にNBAを離れているセンターのハシーム・サビートが、NBA復帰のチャンスを手にしたようだ。

2017-18シーズンを日本で過ごしたサビートは昨年を通してトレーニングに打ち込み、複数のNBAチームから高評価を得たと報じられている。

そのサビートが、NBAチームのワークアウトに参加する模様。

hoopsrumors.comによると、サビートは今週、ミルウォーキー・バックスのワークアウトに参加する予定だという。



2009年のドラフト2位指名でメンフィス・グリズリーズに入団し、将来が期待されていたサビート。

だが、キャリア2年目から出場機会が激減。

サンダーでプレイした2012-13シーズンは復活の兆候を見せたものの、定着することができなかった。

NBAから長く離れているうえ、32歳という年齢もあるが、バックスの他にも身長221cmというサイズに魅力を感じるチームが現れるかもしれない。

ただ、バックスのトレーニングキャンプロスターに加わることができたとしても、バックスにはブルック・ロペスとロビン・ロペスという経験豊富なビッグマンがいるため、熾烈な生き残り競争を余儀なくされそうだ。

なお、サビートはNBAキャリア5年を通してグリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、サンダーでレギュラーシーズン通算224試合に出場し、平均10.5分のプレイで2.2得点、2.7リバウンド、0.1アシスト、FG成功率56.7%、フリースロー成功率57.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA