カイル・クーズマ ロンゾ・ボールなど移籍組全員が「興奮してた」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズはこの夏、オールスターフォワードのアンソニー・デイビスをトレードで獲得した。

だが、レイカーズの未来を担うであろうと期待されていたブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、ジョシュ・ハートを放出。

彼らのトレードを悲しんだレイカーズファンも多いであろうが、同世代のカイル・クーズマも彼らとの別れを残念に思ったようだ。

だが、クーズマによると、イングラム、ボール、ハートはニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍したことでプレッシャーから開放され、興奮しているという。

クーズマはトレードで移籍した彼らについて次のようにコメント。inquisitr.comが伝えている。

「彼らは興奮してたよ。プレッシャーが小さくなるからね。彼らがそう言ったわけじゃない。だけど、ロサンゼルスにいると明らかにより大きなプレッシャーを感じる。彼らは今、彼らになれるだろう。ニューオーリンズへ行き、俺たちが思っていたようなスーパースターに成長できるだろうね」



レイカーズはリーグでも有数の名門チームであり、常に注目を浴びている。

イングラムはコービー・ブライアントの後継者とも言われた時期があり、またボールは父ラバー・ボールの言動の影響を強く受けることになってしまった。

それゆえに大きなプレッシャーを常に感じていたことだろう。

3人にはペリカンズで花開き、リーグを代表するプレイヤーに成長してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA