ジャスティン・ホリデー ペイサーズとの契約理由は「チームの文化」

【PR】

ベテランガードのジャスティン・ホリデーはFAになったこの夏、1年480万ドルの契約でインディアナ・ペイサーズに移籍した。

他のチームともっと有利な契約を結べた可能性もあったが、ペイサーズを選択したのには理由があったようだ。

ホリデーはペイサーズとの契約理由について次のようにコメント。the Indianapolis Starが伝えている。

「(ペイサーズ移籍は)金銭面とはまったく関係なかった。ここに来た理由はチームの文化、コーチングスタッフ、フロントオフィスの人たちさ。そして俺の弟(アーロン・ホリデー)も理由のひとつだね」

「このチームは毎年勝ってる。俺が求めてることのひとつは、勝てるということだ。それにチームが次のレベルに到達するのを助けることができる。なぜなら、俺にはそれができると信じてるからね」

ペイサーズは昨季、エースのビクター・オラディポが負傷離脱したものの、イースタン・カンファレンス5位でプレイオフに進出。

ファーストラウンドでボストン・セルティックスに敗れてしまったものの、エース不在のペイサーズにとって自信になるシーズンだったと言えるだろう。

とはいえ、ペイサーズは4年連続でプレイオフに進出しているが、いずれもファーストラウンドで敗退している。

ホリデーにはファーストラウンドの壁を突破する貢献を期待したい。

なお、昨季のホリデーはシカゴ・ブルズとメンフィス・グリズリーズでレギュラーシーズン82試合に出場し、平均31.8分のプレイで10.5得点、3.9リバウンド、1.8アシスト、1.5スティール(キャリアハイ)、FG成功率38.6%、3P成功率34.8%を記録。

キャリア6年を通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、アトランタ・ホークス、ブルズ、ニューヨーク・ニックス、グリズリーズでレギュラーシーズン通算357試合に出場し、平均22.6分のプレイで8.1得点、2.8リバウンド、1.5アシスト、1.0スティール、FG成功率39.0%、3P成功率34.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】