リック・カーライルHC クリスタプス・ポルジンギスは「ずっと大好きなプレイヤーのひとり」

【スポンサーリンク】

昨季中のトレードでダラス・マーベリックスへ移籍したクリスタプス・ポルジンギスは、怪我の影響で昨季を全休した。

サイズと機動力、アウトサイドショットを持ち合わせ、ルカ・ドンチッチと共にマブスを牽引するパフォーマンスが期待されているポルジンギス。

マブスを指揮するリック・カーライルHCもポルジンギスを高く評価しており、復帰を持ちきれないでいるようだ。

カーライルHCはポルジンギスについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「聞いてくれ。我々の男たちと共に彼(ポルジンギス)がコートに立つのが待ちきれないんだ。クリスタプス・ポルジンギスは、彼がリーグに来て以来、私のお気に入りの若手プレイヤーのひとり。7-3フィート以上あるし、バスケットボールにおけるあらゆるスキルを持ってる。シューティング、ドライビング、リバウンディング、ショットブロッキング。彼はグッドパサーでもあるよね。あのサイズですべてをこなせる男を私はほとんど見たことがない」



サイズと機動力を活かし、オールラウンドなオフェンスはもちろんディフェンスも有しているポルジンギス。

彼が健康を取り戻せば、マブスにとってドンチッチと共に強力なオプションとなるだろう。

なお、ポルジンギスはキャリア3年でレギュラーシーズン通算186試合に出場し、平均31.0分のプレイで17.8得点、7.1リバウンド、1.3アシスト、2.0ブロックショット、FG成功率43.7%、3P成功率36.1%、フリースロー成功率80.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA