【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール トレードは「Twitterで知った」

ロサンゼルス・レイカーズでキャリア2年目を終えた後、ロンゾ・ボールはトレードでニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍した。

アンソニー・デイビスと引き換えに、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハートと共にペリカンズへ移籍したボール。

このトレードを振り返り、ボールは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「(トレードのニュースは)Twitterで見つけた。俺たちは車の中にいた。祖父の家を出て、ラメロ(・ボール)のドリューリーグのゲームに行くところだったんだ」

「トレードされるだろうってことは分かってた。トレードの話題に長く巻き込まれてたからね。そしてアンソニー・デイビスだ。スーパースターを獲得するため、LAはやらなきゃいけないことをやったのさ」

ボール、イングラム、ハートは、レイカーズの未来を担うであろう有望株として期待がかかっていた。

だが、レイカーズは彼らを放出し、スーパースターとしての名声をすでに得ているデイビスを獲得。

ブルックリン・ネッツへ移籍してスーパースターへ成長したディアンジェロ・ラッセルのように、ペリカンズに移籍した3人にはレイカーズを見返すほどの成長を遂げてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA