【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール フリースロー成功数をリリース曲数が上回る

このオフのトレードでロサンゼルス・レイカーズからニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍したロンゾ・ボールは、フリースローを課題のひとつとしている。

昨季は48本のフリースローを放ち、決めたのはわずか20本、成功率はわずか41.7%。

そして、この成功本数がある数字と比較され、話題になっているようだ。

clutchpoints.comによると、ボールが昨季決めたフリースロー20本は、ボールがリリースした楽曲数より少ないという。

ボールがリリースした楽曲数は21であるため、フリースロー成功本数が1少ないことになる。

ラップ好きとして知られるボールだが、この数字を比較し、もっとバスケットボールに集中しろと思うファンも多いだろう。

とはいえ、ボールは優秀なプレイメイカーだ。

レイカーズを離れることになったものの、よりプレッシャーの少ない環境であるペリカンズでより進化したパフォーマンスを披露し、ファンを歓喜させるに違いない。

そしてフリースローの上達も期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA