【スポンサーリンク】

ラバー・ボール ブランド批判してるのは「息子じゃない」

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールはここ最近、父ラバー・ボールが設立したビッグボーラーブランドを批判している。

ビッグボーラーブランドの共同設立者が詐欺行為を働いたことをきっかけに、ビッグボーラーブランドと決別したロンゾ・ボール。

ここ最近の発言を聞いているとビッグボーラーブランドに対して良い感情を抱いていないようにも感じるが、ラバー・ボールは息子の発言を信じていないようだ。

ラバー・ボールによると、誰かがロンゾ・ボールに吹聴しており、息子の本心ではないという。

ラバー・ボールは息子の発言について次のようにコメント。thebiglead.comが伝えている。

「あれはロンゾじゃない。ブランドが破滅したと言ってるのは、彼のトークじゃない。誰かが彼に吹聴したんだ。彼は『破滅した』というワードを使わないからね」

もしロンゾ・ボールの発言でないならば、近いうちにそのことを明かすだろう。

ウェブサイトが閉鎖された状態が続いているビッグボーラーブランド。

ラバー・ボールはよりパワーアップして復活すると公言しているが、果たしてブランドイメージを取り戻すことはできるだろうか。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 田中

    このおっさんは本当おめでたいやつだなぁ…
    自分に都合の悪いことは一切聞かないし認めない。
    奥さんに働かせてないで、自分も働こうよニートのオジさん!!

*

CAPTCHA