【スポンサーリンク】

エネス・カンター「ニックスはオーナーが・・・」

長いトンネルから抜け出せずにいるニューヨーク・ニックスは、ケビン・デュラントやカイリー・アービングなどスーパースターの獲得を計画していた。

だが、スーパースターたちがニックスを選ぶことはなく、計画は失敗。

その代わりボビー・ポーティスやジュリアス・ランドルなど多才なプレイヤーを獲得し、若手中心に立て直しを図ることになるだろう。

しかし、ニックスに所属したことがあるプレイヤーたちは、ジェイムス・ドーランがオーナーを退かない限り、ニックスの再建はないと感じているのかもしれない。

ニックスで約1年半を過ごしたエネス・カンターは、ニックスについて次のようにコメント。nydailynews.comが伝えている。

「(ニックスの失敗の理由について)多くの人は知らないよね。ただ、プレイヤーはその話をしてる。他のチームの男たちが話してるんだ。誰かを批判するわけじゃないよ。ニックスで素晴らしい時間を過ごしたしね。だけど、俺が話をした他のチームメイトたち、もしくは他のチームの男たちは、いつもこう言ってた。『素晴らしい都市、MSG(マディソンスクエアガーデン)は素晴らしい。すべてがすごく良い。ただ、オーナーシップが』とね。彼らはいつも『ただ、オーナーシップが』と言い続けてるんだ」

「俺は彼らにいつもこう伝えてる。『ニックスは素晴らしい。ガーデンだ。メッカだ。ニューヨークで勝利すれば、君は世界の王になるだろう』と。 ここに来るのを恐れてる、もしくは契約したくないと思ってるプレイヤーも中にはいるかもしれないね」

オーナーを暗に批判したカンターだが、ニックスに再建してほしいという想いは確かに持っているのだろう。

ニックスは昨季、デュラント獲得のきっかけにしたかったのであろうが、デュラントの親友であるディアンドレ・ジョーダンを獲得。

だが、ジョーダンはデュラントにニックスとの契約を薦めず、ブルックリン・ネッツを推したと噂されている。

そして、デュラントとジョーダンはネッツと契約した

ジョーダンがニックスで過ごしたのはわずか半年だったが、カンター同様、フロントオフィスの問題を感じ取っていたのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA