【スポンサーリンク】

コービー・ブライアント ドワイト・ハワードは「準備できてる」

デマーカス・カズンズが前十字靭帯を断裂したことを受け、ロサンゼルス・レイカーズはバックアップセンターとしてドワイト・ハワードと契約した。

ハワードがレイカーズに所属するのは、これが2度目。

以前はコービー・ブライアントと共にプレイしたが期待されたパフォーマンスを見せることができず、レイカーズファンの怒りを買った。

ブライアントとの関係も決して良くなかったが、ブライアントは過去を過去として捉え、ハワードの貢献に期待しているようだ。

ブライアントはハワードについて次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

「彼は準備できてると思う。ネクストタイムの準備はできてる。チームの成功を助けるために必要なことならどんなことだってやる。彼はそうすると思うよ」

「IQはどんどん良くなっていくものさ。プロフェッショナルとして時間を重ねると、シーズンが進むにつれて自然に良くなっていく。シーズンが進むにつれ、弱点を補うためのトレーニングを続ける。それが俺のアドバイスだ」

これまで先発センターのポジションでプレイしてきたハワードだが、来季からバックアップとしてプレイする見込み。

ハワードは新たな役割を受け入れ、チームに貢献すると誓っているが、ハワードにとってキャリアの分岐点ともなり得るシーズンとなるだろう。

なお、レイカーズはアンソニー・デイビスを4番のポジションで、ジャベール・マギーを5番のポジションで先発起用すると見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA