【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「王座を取り戻す」

レブロン・ジェイムスは昨季、ロサンゼルス・レイカーズをプレイオフ進出に導くことができなかった。

怪我の影響も大きかったであろうが、ジェイムスが所属チームをプレイオフに導けなかったのはクリーブランド・キャバリアーズに所属した2004-05シーズン以来初。

また今年の夏は、長年に亘ってトップに君臨していたESPNとスポーツイラストレイテッドのプレイヤーランキングで首位の座を明け渡すなど、キャリアに陰りが見え始めたと言えるだろう。

だが、ジェイムスはまだまだやれることを証明する気概のようだ。

キャブス時代にチームメイトだったケンドリック・パーキンスによると、ジェイムスはこう宣言したという。パーキンスのコメントをsilverscreenandroll.comが伝えている。

「(今年のランキングで)私はヤニス(・アンテトクンポ)をナンバーワンに選んだ。MVPを受賞し、彼のチームは昨季、リーグベストの成績を残し、オフェンスとディフェンスでリーグベストだったから、それに対して敬意を払わないといけなかったからね」

「レブロンにメールしたんだ。2位にした理由を伝えるためにね。彼がどう返してきたか分かるかい?『時が来れば王座を取り戻す』と返ってきたんだ」

ジェイムスは今年12月に35歳になる。

トップレベルのパフォーマンスを維持するには厳しい管理が必要になるであろうが、息子と共にプレイするという夢のため、徹底した生活を送ることだろう。

一方、コート上ではアンソニー・デイビスなどチームメイトたちの助けを借りつつも、これまで通り圧倒的なパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA