【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンス「最初の3年は成長してた」

2014年のドラフト1位でクリーブランド・キャバリアーズに指名され、その後のトレードでミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したアンドリュー・ウィギンスは、NBAを代表するスーパースターへの成長が期待されていた。

だが、ここ2年は停滞気味であり、最近はトレードの噂もちらほら聞こえ始めている。

2年前と言えば、ウルブズと5年1億4800万ドルの契約を結んだ時だ。

そのウィギンスが過去と現在について語った模様。ウィギンスのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺はもっと良くなれる。常に成長の余地がある。最初の3年間は成長し、どんどん良くなってると感じてた。それからいろいろと変わったよね。そして少し低迷したと感じたんだ」

「檄を飛ばすことで俺のムードは変わらない。だけど、コーチが俺のところに来て、リアルを話す。檄を飛ばすことよりリスペクトを感じるよ。誰も檄を飛ばしたり、大声を上げたりできないと思う。でも、本物になれる人間は多くない。それは俺を成功に導くだろうね」

つまり、ウィギンスにトム・ティボドー前HCのコーチング手法は合わなかったのであろう。

また、オールスターのジミー・バトラーが加わり、スコアリングを牽引したことも、ウィギンスの低迷につながっていたのかもしれない。

そうなれば、ウィギンスにとって2019-20シーズンは自身の実力を証明しなければならない時間となる。

相棒カール・アンソニー・タウンズと共に、ウィギンスにはウルブズを牽引するパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA