【スポンサーリンク】

ヒート ディオン・ウェイターズのトレードを計画か?

マイアミ・ヒートのディオン・ウェイターズは今季、まだ1試合も出場していない。

プレシーズン中にベンチ起用されたこと、また十分な出場時間を与えられなかったことに不満を爆発させ、ヒートから1試合の出場停止処分を科されたウェイターズ。

それでもウェイターズの怒りは収まらず、SNS上に怒りをぶちまけていたが、ヒートはウェイターズの言動に呆れ果てているのかもしれない。

Miami Heraldによると、ヒートはウェイターズのトレードシナリオを描いているという。

ヒートのガードポジションは層が厚く、またルーキーのタイラー・ヒーローが一定のパフォーマンスを見せていることにより、ウェイターズの必要性は失われつつある。

SNS上では間接的ではあるものの、エリック・スポエストラHCとヒーローを批判したウェイターズ。

怪我が多く、かつクリーブランド・キャバリアーズ時代にも問題を起こしたとされるだけに、ウェイターズを求めるチームはそう多くないかもしれない。

なお、昨季のウェイターズはレギュラーシーズン44試合に出場し、平均25.9分のプレイで12.0得点、2.6リバウンド、2.8アシスト、FG成功率41.4%、3P成功率37.7%を記録。

キャリアを通してキャブス、オクラホマシティ・サンダー、ヒートでレギュラーシーズン通算409試合に出場し、平均28.4分のプレイで13.2得点、2.7リバウンド、2.8アシスト、FG成功率41.2%、3P成功率34.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA